五十肩の激痛で、肩が上がらず、お悩みのあなたへ

 

毎日、肩の激痛に耐えて、もういい加減ツラい・・・

肩が上がらなくて、夜も睡眠不足。

どこに行っても、一向に痛みが変わらない!!

悩んでいるあなたへ

 

元阪神の片岡選手が、肩の施術で来院されました。

 

 

当院の施術が、メディアに掲載されました。

 

 

寝ている時のつらい夜間痛を緩和する方法

 

上向きで寝る時は、痛む側の肩と腕の下にクッションやバスタオルを置いて、肩の高さを上げてください。
横向きで寝るときは、痛む側の肩を上にして、クッションやバスタオルを脇に挟んでください。特に夜間は冷えて、肩の痛みがひどくなるので、肩に電気毛布を使用すると効果的です。

 

五十肩を自分で改善するために用意するもの

 

市販のペットボトル 輪ゴム

 

STEP1

 

コッドマン体操と言われる、五十肩のリハビリです。痛みがある肩側の手に、水を入れたペットボトルを持ちます。そのとき、腕は力を入れずに脱力しておきます。痛みが強いときは、ペットボトルを持たずに行ないます。

腕の力や肩の力を使わず、体を前後と左右に揺らして、その振動で腕を動かします。感覚としては、「動かす」のではなく「振る」という感じです。

 

STEP2

 

五十肩が発症してから、炎症期が過ぎた1~2ヶ月目以降の運動療法です。 肘は直角に曲げて、両手の親指に輪ゴムをかけます。
輪ゴムをかけたまま、水平に両手を外側に開けていきます。痛みの出ない範囲で、「開ける」「閉じる」の動作を反動をつけずに、ゆっくりと行ないます。
5~10回ほど行なってください。

 

そもそも五十肩とは何なのか?

 

肩甲骨に付いている棘上筋(きょくじょうきん)や、棘下筋(きょっかきん)という筋肉の拘縮によるものです。
棘上筋は、肩甲骨に腕の骨を引き寄せる作用があります。
また、肩を上げていく初動時に、強く働く筋肉です。ここが拘縮を起こすと、手を上げていくときに、肩の骨の奥が痛い感覚があります。
棘下筋は、肩を外に回す作用があります。
肩を上げる際には、この棘下筋の作用で、肩甲骨と腕の骨とのバランスをとり、スムーズに肩を上げれるようになります。

 

あなたはこんな五十肩で悩んでいませんか?

 

肩が上がらなくて、家事が思うようにできない

夜間に肩の痛みで、何度も起きる

服を着る際に、肩に激痛が走る

朝起きたときに、肩の痛みが強くてつらい

ちょっとした動きで、肩に激痛がでて動けなくなる

整形外科や整骨院、鍼灸院に行っても一向に改善されない

 

当院での五十肩事例
レントゲンは異常が無く、ヒアルロン酸を打っても、痛みが変わらずお悩みでした。

半年間痛みは変わらず、夜間痛がひどく寝返りした時の激痛でお悩みでした。

50代 女性 

※個人の感想であり、 成果や成功を保証するものではありません。

 

当院での五十肩事例
5件の整形外科や整骨院に行っても改善せずお困りでした。

腕を横から手を上げる時の肩の痛みで上げられない状態でした。 

50代 女性 

※個人の感想であり、 成果や成功を保証するものではありません。

 

当院での五十肩事例
整形外科や整骨院で電気やマッサージを受けていました
一向に改善せずに来院されました。
肩の激痛で上がらず、家事をするときの腕のしびれでお困りでした。

60代 女性 

CSC_0383

Q:当院に来られる前は、どんなお悩みがありましたか?

A:最初は、肩が痛くて上がらなかったのですが、腕までしびれてくるようになり、家事をするときも辛くなってきていました。

 

Q:そのお悩みを解決されるために、何をされていましたか?

A:いろいろな所に行ったりもしていたのですが、あまり変化がありませんでした。今までに行った所は、最初に電気をあててから温めたり、もんだりといった感じでした。その時は気持ちいいのですが、またすぐに痛くなってしまっていました。

 

Q:同じような症状で悩んでおられる方に、メッセージをお願いします。

A:施術の内容や仕方によって、その人に合ったり、合わなかったりといった事があります。自分に合う所を諦めずに探すことが、とても大切だと思いました。みなさんも、自分に合う納得のいくところを、諦めずに探していただきたいと思います。

※個人の感想であり、 成果や成功を保証するものではありません。

 

当院での五十肩事例
レントゲンでは異常なく、痛み止めを飲んでも肩の激痛が改善せずにお悩みでした。そんな時に、当院のホームページを見て頂いて来院されました。

40代 女性 

CSC_0317

Q:当院に来られる前は、どんなお悩みがありましたか?

A:最初は肩の激痛だったのですが、次第に頭痛もひどくなってしまい、どうすることもできずに辛かったです。

 

Q:そのお悩みを解決されるために、何をされていましたか?

A:整形外科に行って、レントゲンを撮ってもらったのですが、原因が分かりませんでした。痛み止めを飲んでも、痛みがずっと続いていたので、どうすればいいか不安でした。

 

Q:たくさんある中で、なぜ当院を選ばれましたか?

A:先生が他の病院や整骨院で、10年以上勤務されていたことです。それと、アットホームな感じで、何でも相談できそうだと思ったからです。

 

Q:同じような症状で悩んでおられる方に、メッセージをお願いします。

A:先生は、なぜ痛いのか、どうすれば良くなるのかを教えてくださいます。自宅でのストレッチ方法や、痛みの出にくい姿勢を教えて頂きました。時には図説してくださるので、とても分かりやすかったです。

 

※個人の感想であり、 成果や成功を保証するものではありません。

 

 

院長プロフィール

 


     院長 飯田誠一      ~ごあいさつ~

はじめまして。五十肩専門院の飯田です。病院や整形外科で13年間、勤務しておりました。 五十肩の施術にこだわり、五十肩専門院を今日まで続けることができたことに、皆さんにはとても感謝しております。五十肩は、肩の激痛の加え、日常生活の動作が制限されるなど、本当にツラい症状の1つです。これからも、このような五十肩の痛みや苦しみで、お困りの方の為に、頑張っていきたいと思っております。

 

元阪神の片岡選手が、肩の施術で来院されました。

 

 

当院の施術が、メディアに掲載されました。

 

 

全国各地の先生から、推薦をいただきました。

 

飯田先生は勉強熱心で、しっかり改善させる事に情熱を注いでいて、凄いなと毎回感じさせられます。特に、五十肩の施術に関しては、特別に結果を出しており、大変感心いたします。肩の痛みや腕のしびれで困られている方は、ぜひ、飯田先生を訪ねてみては、いかがでしょうか。きっと、あなたの悩みを解決してくれます。

・五十肩専門 橋垣整体院 院長
・このり鍼灸院経営
・日本五十肩疼痛協会 理事
・TMC代表 橋垣好人先生

飯田先生は丁寧なカウンセリングで、しっかり痛みやしびれの原因を見つけてから、的確な施術をされます。なので、改善期間も早くて、改善率も高いのだと思います。病院や整骨院巡りをされていて、肩の痛みや腕のしびれでお困りの方は、迷わず飯田先生を頼ってみてください。

・頭痛・外反母趾専門
・よしむら整体院 院長 吉村朋也先生

飯田先生は、五十肩を専門に行っていて、大変結果を残している先生です。先生のところに行った際に、みなさん笑顔で帰って行かれるのを見て凄いな!っと思いました。五十肩で困っている方は是非、飯田先生を訪ねてみてください。

・坐骨神経痛・腰痛専門
・おんわ整体院 院長 松田優一先生

 

 

なぜ、あなたの痛みは改善しないのか?

 

それは、痛みの原因を探すことが、できていないからです。
でも、これはあなたのせいではなく、それを施術する側の問題です。

 

●温めて電気を流す。

●シップや注射を打つ。

●長時間のマッサージでごまかす。

 

このような施術では、根本的な改善は期待できず、 あなたの痛みはどんどん進行していきます。

 

やがて、あらゆる対処法が効かなくなり、

取り返しのつかない痛みになってしまいます。

 

痛みの原因を整えることで、
あなたの体は確実に変化していきます。

 

原因を特定せずに、同じ施術を受け続けても、

あなたの大事な時間やお金は、ムダになります。

 

当院からあなたへお約束

 

五十肩の専門として、あなたの肩の痛みを

 

全力で施術することをお約束いたします。

 

 

 

ご予約方法

 

TEL:072-320-7962までお電話ください。

担当者が「はい。さくら整体院です。」と電話にでますので、
「ホームページを見て、予約を取りたいのですが」とおっしゃってください。

「お名前」と「ご希望の日時」を申し付けください。

 

1日2名限定

 

【休診日】月曜、水曜の午後、日曜の午後、祝日

 


 

 

肩の激痛から解放されたい

夜もゆっくり寝たい

とにかく肩が上がるようになりたい

 

そう思われる方は、お気軽にご相談ください。

 

 

↓↓↓スマートフォンから、タップで電話がつながります↓↓↓

 
 

↓↓↓LINEでの予約は、こちらからです↓↓↓

 

 

 

 

あなただけの痛みの本当の原因を
探していく
カウンセリング

 

独自のカウンセリングを行います。あなたのカラダに隠されている、過去の怪我や行っていたスポーツ、日頃の座り方や寝方など、思いもよらないところに本当の原因は身を隠しています。ベルトコンベアーに載せられたような、流れ作業で電気をかけて、すぐに痛いところを施術で、バキバキッといったことはいたしません。

 

あなたの今のカラダの状態と

これから行う施術の説明

 

あなたが、今まで受けてきた説明は、どんな説明でしたか? 「ここが炎症をおこしている、筋肉が固くなっている」などの説明があればいい方で、ほとんどは説明など無かったのではないでしょうか? なぜ炎症したのか、なぜ筋肉が固くなったのか、なぜそのようなカラダになってしまったのか、を解りやすく丁寧にご説明いたします。 あなたは、カラダの状態をしっかりと理解でき、疑問や不信感をもたずに、安心して受けて頂けます。

 

当院独自のトータルケア

 

痛みが出ている部分だけではなく、全身をみて施術をします。 痛みを出している原因に対して、アプローチをします。いい加減なマッサージやボキボキしたりという施術ではありません。 この施術を受けることで、今の痛みの改善だけではなく、日常生活での動作の不満や、健康で痛まないカラダが手にはいります。

 

誰も教えなかった施術効果を

最大まで引き出す自宅ケアのご提案

 

慢性的な痛みは、あなたの日常生活のカラダの使い方に原因があります。 痛みが出るカラダの使い方をして、自分でカラダを壊さないようにするためのエクササイズもお伝えします。 それを行うことによって、施術の効果を最大限に高めることができます。

 

 

当院での五十肩事例
2か月前から、整形外科で注射を打ってもらっていましたが、一向に改善されず夜間痛の痛みに悩まされていました。

50代 女性 

田中様の写真

Q:当院に来られる前は、どんなお悩みがありましたか?

A:夜になるとズキズキと痛みが走り、うずくのが辛かったです。寝ている時も、痛くてすぐに目が覚めてしまうので、ぐっすり眠れないといった毎日が続いていました。

 

Q:そのお悩みを解決されるために、何をされていましたか?

A:2か月の間ずっと、整形外科に注射を打ちに行きましたが、痛みが治まらなくて悩んでいました。10回ほど行きましたが、また痛みが出てくるといった繰り返しでした。

 

Q:その辛かった痛みは、今どうでしょうか?

A:夜も痛みで起きることがなくなったのと、注射を打ちに行かなくてよくなりました。

 

Q:当院は他院とどのうような点が違いますか?

A:先生が一人で診てくれ、流れ作業でないところです。最初にしっかり、何が原因なのかということや説明をしてくださるので、安心して専念することができました。

 

Q:同じような症状で悩んでおられる方に、メッセージをお願いします。

A:もし、私と同じように辛い痛みで困っていて、痛みがすぐに戻ったり、どこに行っても症状が変わらないのであれば、ぜひ一度試していただきたいです。

 

※個人の感想であり、 成果や成功を保証するものではありません。

 

当院での五十肩事例
一年前から右肩が痛くなり、腕が上がらなくなってリハビリを受けられていた状態でした。知人の紹介でご来院されました。

60代 女性 

CSC_0539

Q:当院に来られる前は、どんなお悩みがありましたか?

A:五十肩で肩が上がらなくなってしまい、寝返りの度に激痛が走るので悩んでいました。

 

Q:そのお悩みを解決されるために、何をされていましたか?

A:整形外科に行き、リハビリをうけましたが、強いマッサージを受けて後で余計に痛くなってしまいました。痛みもきつくなるばかりで本当にこのままでいいのか、いつも不安に感じていました。

 

Q:たくさんある中で、なぜ当院を選ばれましたか?

A:知り合いに紹介してもらって、先生が毎回代わらないので通院させてもらいました。

 

Q:同じような症状で悩んでおられる方に、メッセージをお願いします。

A:毎回、施術の強さ加減を確認しながら進めてくれました。痛みが変わらなかったらどうしようという不安がいつもありましたが、いつも先生に励ましていただき、通院を頑張ることができました。なので現在、痛くて悩んでおられる方も、ぜひ諦めないでほしいと思います。

 

※個人の感想であり、 成果や成功を保証するものではありません。

 

 

 

追伸:どうか諦めないでください

 

 

あなたは、五十肩の痛みがなくなったら、何がしたいですか?

 

肩が上がらなくて、諦めたり、我慢していることはありませんか?

 

一緒に施術を頑張って、もう一度、あなたの可能性を広げましょう!

 

 

 

↓↓↓スマートフォンから、タップで電話がつながります↓↓↓

 
 

↓↓↓LINEでの予約は、こちらからです↓↓↓

 

 

 

コラム

その他のコラムを読む